卓球 ペン カット

公開日: 19.04.2020

ペンホルダーの裏面カット打法  ラケットの裏面を巧みに使用する選手は、かつては卓球大会での試合でも稀に見かけることがありました。現在は試合に出る機会が少なくなりましたが、私の周囲には裏面打法を的確に駆使する人は見かけません。私だけの技でないことは承知していますが、 対戦しながらの指導、特に「カット打ち」の指導をするとき 、ペンでのカットには限界がありますので、裏面でのカットが大事な指導の武器になっています。  普段の練習試合でも裏面を使用するケースは少ないのですが、この技があるので守備範囲はとても広くなります。それに、バックサイドのレシーブには実に有効な技だと思いますね。  この裏面打法をマスターするには長い時間がかかります。シェークハンドの人がカットをマスターするより遥かに難しい技であることは間違いありません。 裏面を使用するのはペンホルダーにとって不自然な打法 ですから、これを自然体で出来るようになるには身体に染み込むまで練習する以外に表現の例えようがないのです。  私の裏面打法は一枚ラバーを使用するカットとナックルだけです。台から離れてものカットや台の前陣でボールを処理することも出来ます。裏面でスマッシュを確実に処理できる人はこれまで見たことはありませんが、きっといるはずです。  私はいつの日か、 裏面スマッシュをマスターしたい と考えています。尤もラケットの表面は裏ソフトラバーを使用していますが、ラケットを裏面に瞬間的に持ち替えて一枚ラバーでのスマッシュはできますので、やってみれば意外に出来るのかも知れません。  ともかく、ラケットの裏面で卓球をするのは楽しい技です。ペンホルダーの指導者はカットして「カット打ち」を指導するために欠かせない技ですから、是非とも裏面打法を体得して指導の幅をつけてもらいたいと思います。 [ 戻る ].

卓球ファンの間でも、多くの人のペンカットへの認識は「古の戦型として、歴史ものの卓球読み物を読んだときに登場する」位のものでは無いか。 日本では、、58年全日本チャンピオンの成田静司あたりが最後だったと言われる。. ましてや自分の周りでは一人もいなかったので、先のワン・チー位かと思いきや、 実は驚く事に、今もペンカットマンはそこそこ存在するのだ。.

出典:ペンカットの限界を模索するスレ 出典:【時代】ペンカット【錯誤】. About The Author pingpongman. あー面白い。 ちなみに中学時代は一応 右ペンのカットマンでした。 練習嫌いで下手だったけど。 ピンポンアニメ. You may also like. テンション系ラバーといっても、その種類は回転系に特化したものやスピードに特化したものがありますよね。 カットマン目線から考えると、やはりラバーに求める性能は"回転"です。 次に求めるのは、初心者から中級者は"安定感" 上級者の場合は"威力" となります。 安定感を求めるとラバーの硬度は低めの柔らかいものがおすすめです。 厚さは中から2. 用具だが、フォアにモリスト、TSPのあたりを使って バックにはフェイントロング2などの粒高の人が多いそう。 さらに、 ラケットはサイプレスなどの、ヒノキ単板を使う人が多いとか。 (10年前位の2ちゃんスレッドからの情報なので、特にラバーは時代を感じるが).

グループから探す まとめ買い商品 お買い得商品 【Butterfly】テナジー・ディグニクス セール・キャンペーン対象商品.

You may also like? XIOM 21.

それもそのはず、2ちゃんねるのスレッドにも 「最近の全中に出た」(!)というペンのカットマンがまさかの降臨。 他に、地区大会優勝レベルならウチでも見かけたよ、という報告も残る。. 多くのプロ選手が愛用しているテナジー05ですが、その人気は攻撃型の選手だけではありません。 ドイツのフィルス選手や記事の初めに紹介したギオニス選手、韓国の朱世赫選手など、他にもたくさんの選手がテナジー05を使用しています。 それもそのはず。 回転性能を求めるカットマンには必要なすべてが揃っています。 今回ご紹介したラバーの中で最も回転がかかるのがこのテナジー05ですが、少々硬いので扱いが難しいかもしれません。 十分テンションラバーに慣れていて、中級以上の選手にとっては守備においても攻撃においても最高のギアになることは間違いありません。 フォアは攻撃オンリーか、ほとんどカットはしないという方には初級者であっても超オススメです。. ましてや自分の周りでは一人もいなかったので、先のワン・チー位かと思いきや、 実は驚く事に、今もペンカットマンはそこそこ存在するのだ。.

《全農杯 2019年度全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)》ペン枠及びカット枠について

ペンのカットマンがまだ居る?・・・しかも、62歳で、国際大会に出場しているフィジー代表だ。彼の名前はワン・チー。世界ランキングは当時位 (現在ランクなし)。ちなみにフィジー代表は現在国別世界ランキングが無いという、穴場中の穴場国。 そんな、ややハゲあがっているおっさんが、モダンな(恐らく裏裏)シェークドライブマンと対戦している、とっておきの秘蔵映像だ。 出典:卓球世界チームランキング 出典:卓球LINKS. フットワークは鍛えぬかれた者だけの技  卓球には様々な個々の技術がありますが、それを総合的に発揮できるようになるにはフットワークを体得することが重要です。  フットワークをよりよくするために、 ボディーワーク含めてマスターする ことが望ましいと考えます。足腰の動きにバランスを保ったボディーのしなりともいうべき技です。  さながらボクシングのフットワークに似ていますが、動きとしてはボクシングを超えた瞬発的な身のこなしと、 前後左右への大小様々な動き が要求されます。(ボクシングは体験していませんが、卓球の動きは瞬間的にはきっとボクシング以上と思っています。)  フットワークをマスターするには、地道な基本練習をしていくことが一番大事です。そして ボールにくらいついていく気概が体の動きを活性化する 原点ですので、「打つ、蹴る、動く」の流れるような動きに加え「体を反っても態勢を崩さない」 足腰の訓練 をしていく以外に上達の道はありません。  しかし、高年齢層ではこの練習をすると身体に負担がかかり過ぎますから、連続的練習は避けて、 専らボディーワークの「身のこなし」 をマスターしたいものですね。何てたって、フットワークは「鍛えぬかれた者だけが持つ卓球の技」ですから若い時期に徹底的に練習をすることが基本になります。 [ 戻る ].

台から下がる大振りの専守防衛的なカットマンは嫌いだ。タイミングずらしたループドライブできるカットマンはもっと嫌いだ。 だがイボ使う中ペンor反転ペンのカットマンはさらにさらに大嫌いだ。最悪だ。だからナックルで頻繁にカウンターするような奴とは試合したくないでござる。 by卓球初心者.

肝心のそのプレーを見てみると、カットマンとしてはやたら前に構え、ペン粒のような短いカットも使う。 そして相手が振りかぶってドライブを放った時にいよいよ後ろに下がって、天然記念物的に繰り出す、ペンのロングカット。. 多くのプロ選手が愛用しているテナジー05ですが、その人気は攻撃型の選手だけではありません。 ドイツのフィルス選手や記事の初めに紹介したギオニス選手、韓国の朱世赫選手など、他にもたくさんの選手がテナジー05を使用しています。 それもそのはず。 回転性能を求めるカットマンには必要なすべてが揃っています。 今回ご紹介したラバーの中で最も回転がかかるのがこのテナジー05ですが、少々硬いので扱いが難しいかもしれません。 十分テンションラバーに慣れていて、中級以上の選手にとっては守備においても攻撃においても最高のギアになることは間違いありません。 フォアは攻撃オンリーか、ほとんどカットはしないという方には初級者であっても超オススメです。. ロビングの技を駆使した繋ぎの返球について  前陣速攻というタイプがあるように、 中陣で対応する私のようなオールラウンドプレーヤー もいます。オールラウンドプレーヤーにとっては、安定した攻撃もできると同時に、台からやや離れたところからの攻撃・守備の技を欠かすことは出来ません。   台から1m~2m程度離れたときの返球 は、ロビングには該当しないまでもコーナーへの正確な打球ができる技が必要なのです。中陣から返球は ロビングとスマッシュの中間的な技 であり、かつフォアハンド、バックハンドに共通の技なのです。これには柔軟な構えがポイントで、 スマッシュをも凌ぐ粘りの技 ですから、一瞬の隙をみて攻撃に転じることも出来るオールラウンドプレーヤーにとって、最も重要な技だと思っています。  この練習としては、台のコーナー60cm四方へ半分以上正確に返球できるようになるまで、意識して基本練習を繰返すことでマスターできます。一般論ですが「こう打ったから、ここに入った」「ここを狙ったが、少し違った」など反省しながら練習することが上達への近道です。 (ペンのフォア側で特異なロビング) ペンでバックの後陣でロビングして、それをさらにフォア側に打ち込まれたときは飛び込んでロビングします。このケースでラケットでボールをとらえるのがやっとのときは、瞬時にラケットのグリップの人差し指を外して、表面は親指だけ裏面には人差し指がある状態でロビングするとラケット面を台に向けることが出来てうまく入ります。 しっかりひじを伸ばして、ラケットを上に振り上げコントロールする技です。 [ 戻る ].

  • ラケットの裏面を巧みに使用する選手は、かつては卓球大会での試合でも稀に見かけることがありました。現在は試合に出る機会が少なくなりましたが、私の周囲には裏面打法を的確に駆使する人は見かけません。私だけの技でないことは承知していますが、 対戦しながらの指導、特に「カット打ち」の指導をするとき 、ペンでのカットには限界がありますので、裏面でのカットが大事な指導の武器になっています。  普段の練習試合でも裏面を使用するケースは少ないのですが、この技があるので守備範囲はとても広くなります。それに、バックサイドのレシーブには実に有効な技だと思いますね。  この裏面打法をマスターするには長い時間がかかります。シェークハンドの人がカットをマスターするより遥かに難しい技であることは間違いありません。 裏面を使用するのはペンホルダーにとって不自然な打法 ですから、これを自然体で出来るようになるには身体に染み込むまで練習する以外に表現の例えようがないのです。  私の裏面打法は一枚ラバーを使用するカットとナックルだけです。台から離れてものカットや台の前陣でボールを処理することも出来ます。裏面でスマッシュを確実に処理できる人はこれまで見たことはありませんが、きっといるはずです。  私はいつの日か、 裏面スマッシュをマスターしたい と考えています。尤もラケットの表面は裏ソフトラバーを使用していますが、ラケットを裏面に瞬間的に持ち替えて一枚ラバーでのスマッシュはできますので、やってみれば意外に出来るのかも知れません。  ともかく、ラケットの裏面で卓球をするのは楽しい技です。ペンホルダーの指導者はカットして「カット打ち」を指導するために欠かせない技ですから、是非とも裏面打法を体得して指導の幅をつけてもらいたいと思います。 [ 戻る ] フットワークは鍛えぬかれた者だけの技.
  • 人里離れた山奥に住む隠れキリシタンの如く、実は細々と生き残っている、ペンのカットマンたち。 しかし、世界ランキングに最近まで入っていた選手というと、冒頭のワン・チーしか居ないのだろう。. 藤崎マーケットの田崎さんもペンのカットマン (学生時代の卓球経験は無いものの、 よく仲間うちで卓球はしているとか。).

1m2m  60cm [ ]. CONTENTS.           [ ].

Shakehandsからのお知らせ

You may also like. 打球感は非常に柔らかく、カットに安定感を求める選手に特におすすめします。 反撃時の攻撃力も十分にあり、カットでは良く食い込み、コントロールが非常にしやすいです。 強弱の変化もつけやすく、安定感を求める守備重視のカットマンに最適です。 硬く上級者向けのテンションラバーと違って、体制が崩れて振り切れないような場面でもスポンジとトップシートの柔らかさからある程度食い込み返球しやすいのがヴェガヨーロッパの良いところですね。 テンションラバーなので、反撃時の威力も十分に期待できます。 全力の強打をすると柔らかすぎて威力が出にくい場面もありますが、十分扱えるようになればスポンジをMAXにして攻撃力をブーストさせましょう!

前陣速攻というタイプがあるように、 中陣で対応する私のようなオールラウンドプレーヤー もいます。オールラウンドプレーヤーにとっては、安定した攻撃もできると同時に、台からやや離れたところからの攻撃・守備の技を欠かすことは出来ません。   台から1m~2m程度離れたときの返球 は、ロビングには該当しないまでもコーナーへの正確な打球ができる技が必要なのです。中陣から返球は ロビングとスマッシュの中間的な技 であり、かつフォアハンド、バックハンドに共通の技なのです。これには柔軟な構えがポイントで、 スマッシュをも凌ぐ粘りの技 ですから、一瞬の隙をみて攻撃に転じることも出来るオールラウンドプレーヤーにとって、最も重要な技だと思っています。  この練習としては、台のコーナー60cm四方へ半分以上正確に返球できるようになるまで、意識して基本練習を繰返すことでマスターできます。一般論ですが「こう打ったから、ここに入った」「ここを狙ったが、少し違った」など反省しながら練習することが上達への近道です。 (ペンのフォア側で特異なロビング) ペンでバックの後陣でロビングして、それをさらにフォア側に打ち込まれたときは飛び込んでロビングします。このケースでラケットでボールをとらえるのがやっとのときは、瞬時にラケットのグリップの人差し指を外して、表面は親指だけ裏面には人差し指がある状態でロビングするとラケット面を台に向けることが出来てうまく入ります。 しっかりひじを伸ばして、ラケットを上に振り上げコントロールする技です。 [ 戻る ] ペンホルダーの裏面カット打法.

テンション系ラバーといっても、その種類は回転系に特化したものやスピードに特化したものがありますよね。 カットマン目線から考えると、やはりラバーに求める性能は"回転"です。 次に求めるのは、初心者から中級者は"安定感" 上級者の場合は"威力" となります。 安定感を求めるとラバーの硬度は低めの柔らかいものがおすすめです。 厚さは中から2.

[ ]. 2 pic. GROUP SEARCH Butterfly .

3位 ヴェガ ヨーロッパ

そして意外と多かったのが、 「ペンのカットマンは割と強い」 という情報。. 多くのプロ選手が愛用しているテナジー05ですが、その人気は攻撃型の選手だけではありません。 ドイツのフィルス選手や記事の初めに紹介したギオニス選手、韓国の朱世赫選手など、他にもたくさんの選手がテナジー05を使用しています。 それもそのはず。 回転性能を求めるカットマンには必要なすべてが揃っています。 今回ご紹介したラバーの中で最も回転がかかるのがこのテナジー05ですが、少々硬いので扱いが難しいかもしれません。 十分テンションラバーに慣れていて、中級以上の選手にとっては守備においても攻撃においても最高のギアになることは間違いありません。 フォアは攻撃オンリーか、ほとんどカットはしないという方には初級者であっても超オススメです。. だが卓球王国の記事では、 その後中国でペンカットが立派に生き残っていた事が確認できる。. 知っている人しかできない、ペンのカットマン談義。 やはりバックカットが泣き所で、可動範囲が狭く不自由なのだとか。 シェークがフォアカットが弱点であるその逆なのが、興味深い。 出典:もんぐれ氏のTwitter.

正直、ペンカットマンが弱いのか、このワン・チーが弱いのかわからない が、とにかく、この選手が国際大会戦線にて生き残った、最後のペンカットマンなのだ。.

[ ]. You may also like.   1m2m  60cm [ ] .

セグナ(CEGNA) 特注〈中ペン・カット用ブレード〉

台から下がる大振りの専守防衛的なカットマンは嫌いだ。タイミングずらしたループドライブできるカットマンはもっと嫌いだ。 だがイボ使う中ペンor反転ペンのカットマンはさらにさらに大嫌いだ。最悪だ。だからナックルで頻繁にカウンターするような奴とは試合したくないでござる。 by卓球初心者. そして意外と多かったのが、 「ペンのカットマンは割と強い」 という情報。. 近年、カットマンの多くがテンション系のラバーを使用してプレーしていますね。 TOP画像はギリシャのギオニス選手。 彼に至っては、ラケットは攻撃用ブレードのコルベルを使用しています。 フォアにはテナジー05を、バックにはフェイントロング2を使用しています。 カットマンでありながらフォアの攻撃は攻撃型の選手顔負けの威力です。 世界ランキングは最高で18位 年11月 本業は歯科医というのだから驚きですね。笑 他にも村松雄斗選手や韓国の朱世赫 チュ セヒュク 選手、中国の馬特 マ・テ Ma Te 選手など、男性のプロ選手は攻撃力も兼ね備えた選手が多くなっています。 ほんの一部の選手のご紹介でしたが、実はプロとして活躍するほとんどの選手がフォアの裏ソフトラバーにはテンション系ラバーを使っているんです。 今回は、カットマンにおすすめのテンション系ラバーをまとめました!

1m2m  60cm [ ]. 2 pic. "" "" "" 2.

読むことをお勧めします:

  1. Renjiro
    27.04.2020 03:51
    You may also like. しかし、イマイチこの肝心のロングカットが安定せず、オーバーミス、ネットミスを繰り返す。 (ただし、床に落ちたボールが 凄いバックスピン をしているので、下回転は強くかかっている模様).

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 robertsonplantation.com | 利用規約 | 連絡先 |